人気のウォーターサーバー知りたいなら

現在、人気の高まっているウォーターサーバーには、どういった特徴があり、メリットがあるのでしょうか?

まず、ウォーターサーバーを提供する業者は非常に数が多いので、迷ってしまうと思います。そこで、人気のあるウォーターサーバーがなぜ人気があるのか、といった部分に注目してみれば自分自身に最適な商品を見つけられるでしょう。

天然水を利用するサーバーが人気

現在人気が高いのは、天然水を利用するサーバーです。ウォーターサーバーといっても、やはり利用者が一番中重要視するのは、毎日使う水ということですね。
そして、水の中でもミネラルが多く含まれている天然水は、風味もよく飲み続やすいといった特徴があります。なお、これらの天然水は専門業者により厳しい水質検査が実施されており、安全性には細心の注意が払われていることなども人気の理由でしょう。

ランキングサイトから選ぶ

宅配水のサービスを比較するならウォーターサーバー人気ランキングサイトを参考にしてみても良いかもしれません。こういったランキングサイトは、利用者の口コミや体験談なども多く掲載されており、一般人の目線で各業者が評価されている為、比較作業が容易に行えるのです。

飲み水以外のウォーターサーバー活用術

ミネラルウォーターの中でも純水に手を加えたRO水というのは、人の手によって最大限飲みやすさを向上させた究極の水です。
その水をボトルに入れてあるウォーターサーバーをご家庭に設置することで、これまでの水の概念が変わるかもしれません。
たとえば、身の回りのことで具体的に説明してみましょう。


お米を炊くためのウォーターサーバー

お米を炊くためだけにあるわけではないですが、ウォーターサーバーの水を使うことでご飯がもっと美味しくなります。
少し水の話から反れてしまいますが、炊く前のお米というのは最初に触れる水をものすごく吸収します。
なので、最初に入れる水をウォーターサーバーの水にしましょう。
そして、よりふっくらとした炊き上がりにするためには、炊飯する前に30分ミネラルウォーターに浸けておきましょう。
こうすることで、お米が最大限美味しい水を吸収してもっと美味しくなるというわけです。


水を使うものには全部ミネラルウォーター

水を使うものならなんでも、お茶、紅茶、昆布茶、味噌汁、インスタントコーヒー、カップ麺などすべてに一度ウォーターサーバーの水を使ってみましょう。
なんでも美味しく感じるようになるので、是非一度試してみてください。
利用者の方々が「一度使い始めたらもう手放せない」という気持ちがよくわかりますよ。
単に飲み水として利用するだけではなく、さまざまな飲み物や料理にも活用できるので迷っているなら使って決めましょう!

一家の人気者ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを設置するまでは、スーパーまでペットボトル水をまとめ買いに行き、重たい荷物を運ぶ事にうんざりさせられましたが、今ではそんな苦労が嘘のように、衛生的でおいしい水を一家全員が堪能しています。最初は名水が良いとみんなで合意しましたが、その後コーヒーやお茶にはマイルドなミネラルウォーターが良いとの事で、純度の高い逆浸透膜で処理したミネラルウォーターに変更。ミネラルウォーターに変更してからは、夫の晩酌の水割り、お湯割りが美味しくなったのか、毎日晩酌が待ち遠しくなっているようです。食べ盛りの息子たちはスポーツクラブに入っているので、帰宅すると必ずと言ってい良いほど、ウォーターサーバーの水で喉を潤しています。夏の猛暑の時期は、サーバーから得られる冷水は身体に染み入る感覚があり、子供も親も飲むたびに、うっとりするような表情を浮かべます。


<厳冬期のお湯は身体が和みます>

厳冬期の外出は、身体でが冷え切って身が縮こまってしまいますが、家に帰ってウォーターサーバーのお湯を飲むと、身体全体に温かみが行きわたり、ホッとすると同時に体が寒さから解放されて和みを覚えます。


<急な来客にもスムーズに応対>

予期せぬ来客にも、ウォーターサーバーがあれば、熱湯が直ぐに得られるので、お茶やコーヒーなどの準備がスムーズに行えて安心です。この様に色々な状況で活躍するウォーターサーバーは、今や一家の人気者です。

ウォーターサーバーのボトル購入ノルマに注意

ウォーターサーバーは本体をリースか購入して家に置き、水は宅配してもらって利用することが一般的です。本体をリースする場合はリース料を支払うことになりますが、中にはリース無料の会社もあります。しかし、リース無料には意外な罠が潜んでいる可能性があるので注意しなけれななりません。


<ボトル購入ノルマに注意>

ウォーターサーバーのリース無料の変わりについているのがボトル購入ノルマです。これは一定期間ごとにボトルの購入をノルマ化されているというものです。もちろん、多くの水を消費する家族なら問題はありません。しかし、一人暮らしで家にいる時間が短く、仕事で出張もあるといった生活環境なら大きなボトルを飲みきれないこともあるでしょう。それでは逆にもったいないです。


<少量の使用に適しているのは?>

手段のひとつは水の購入ノルマがない業者を選ぶことです。しかし、大きなボトルを時間をかけて消費していると雑菌が付着して清潔さが失われてしまうかも知れません。そんな場合は小型のウォーターサーバーが適しています。これは一人暮らしの方に向けての製品もあるのでボトルも無理な量ではありません。卓上の製品がほとんどなので狭いアパートなどでも邪魔になりにくいのも良い点です。

ウォーターサーバーを容器の方式で選ぶ

ウォーターサーバーの利用によって届けられる水の入れ物には、大きく分けて2方式あります。このどちらにもメリットとデメリットがありますので、自分のライフスタイルと照らし合わせてウォーターサーバーを選んでみましょう。


<リターナブルボトルの方式を採用しているもの>

リターナブルボトルを採用しているウォーターサーバーは、ボトルを回収することを前提としています。
エコに留意している方式ですので、ゴミも出ることがなく、その点が大変メリットがあります。
しかし回収してもらう必要があるということで、宅配してくださる方と必ず顔を合わすことができなければ、ボトルが貯まる一方となります。
お届けに関しても必ず顔を合さなければならないのであれば、なんとか方法も折衝することでしょうが、水は不在であっても届けてもらえるのであれば、ボトルはどうするのかも合わせてクリアさせねばならない問題です。


<ワンウェイ方式のパックを採用しているもの>

ワンウェイ方式のパックを使ったウォーターサーバーであれば、水の容器は使い捨てです。
使用後は小さくたたんで燃えるゴミとして捨てることができますので、回収の必要もなく、場所も取りません。
不在でも決まった場所に水を置いてもらうような約束事になっていれば、回収の必要のないこの容器の形状は大変便利です。
ただしリターナブルボトルを採用しているウォーターサーバーによりも、若干割高にはなります。

ウォーターサーバーとはいったい何か

ウォーターサーバーは企業や施設のみならず一般家庭にも普及してきております。しかし水源が良く水のきれいな所に住む方や子供、お年寄りに対して水の心配のない方にはあまり知られていないと思います。


ウォーターサーバーの構造と利用方法

ウォーターサーバーは、ろ過された水やミネラルウォーターを入れた筒状の貯水タンクをサーバーの上部に設置し必要に応じて汲み出す構造です。貯水タンクに水が無くなったら新しいタンクと交換して継続的に利用できます。安心で安全なろ過された水を使用しており要望によっては、ミネラル分の多く含む水も利用できます。又、冷水状態や温水状態でいつでも汲む事ができとても便利です。貯水タンクも適宜要望により宅配などで届けてくれます。


利用者の拡大とお得なサービス

施設や官公庁などの多くの方が訪れる所では、ウォーターサーバーを見かける方も多くいらっしゃると思います。最近では妊婦さんや赤ちゃん、お年寄りの健康の為に利用されるご家庭も増えて来ています。さらに提供する会社もサーバーレンタル無料やサーバーメンテナンス無料、たくさん利用される方への割引などサービスも充実して来ています。安全な水をいつでものめる便利さだけでなく、利用する際のコストの割安感もあり市場も拡大して来ています。

ウォーターサーバーのお水でご飯が美味しく炊ける

ウォーターサーバーの水は不純物や薬品臭さのない、非常に美味しいお水です。新鮮な水を工場でボトルにつめ、そのまま家庭に届けてもらえます。お水の消費期限は未開封の状態であれば、3か月程度で、電気さえ通っていればお湯も利用できる、電気が止まっていても衛生面で安心できるお水をすぐに飲めるということから、緊急時にも役立つと言われています。


ウォーターサーバーの水は和食にぴったり

ウォーターサーバーのお水は軟水といわれる、ミネラルなどの含有量が非常に低いものです。日本は軟水が採水される地域で、和食の基本となる出汁も、この軟水の特徴を有効に使った料理だと言われています。軟水は食べ物の味が水に溶け込みやすいものと言われています。そのため、お味噌汁やおでん、鍋など、素材の出汁を楽しむ文化が発達したのだそうです。ウォーターサーバーのお水は飲むだけでなく、お料理でも美味しくなるのです。


美味しいお米が食べたい!

ここで水の味で最も変わるのが、お米だということを知っていましたか?お米は水分を大量に含んでふっくらと炊きあがります。ただし、お米が水を多く吸い込むのは、研ぐ前にお水につける最初のタイミングと、炊くときの2回です。この2回を美味しいウォーターサーバーの水を使うだけでお米はとっても美味しく炊けるのだそうです。

ウォーターサーバーの良い所

ウォーターサーバーを使っている家庭が多くなってきています。どうしてウォーターサーバーを使う方が多くなったのでしょうか。


ウォーターサーバーの普及が進んだ理由

水は絶対に必要なものだし、体に入る水は良いものと思う方が多くなったからではないでしょうか。安心して水が飲めるウォーターサーバーは、安全なミネラルウォーターを使用しています。飲み水としてはもちろん、料理に使ったり、赤ちゃんのミルクに使えるのが一番安心して良い所だと思います。そして、必要な時に冷たい水や熱いお湯が出てくる所です。自動で水とお湯が出てくるのは、時間も短縮出来て便利です。ミネラルウォーターを買って運ぶのは重たくて大変ですから、自宅で注文して、自宅まで届けてくれるのはとても楽です。料金も安く、ペットボトルを買うよりもお得です。お湯を使うので電気代もかかります。けど、ポットを保温しておくよりも消費電力はかかりません。温水は80℃~90℃なので、料理に使う時もお湯を沸かさなくていいので、ガス代も節約できます。そして、水道工事や断水の時に水が出ない時でも、使えるのでとても便利に使えます。安心安全だけではなく、いろいろなメリットがあるので、ある程度コストがかかるとしても使う方が増えているのが納得できます。

ウォーターサーバーの危険から子供を守る

ウォーターサーバーは、お子様がいる主婦の方から大人気です。赤ちゃんに上げるミルクも簡単に作れます。子供の世話で大変なお母さんには、お客様に出すお茶のお湯を沸かすことでさえ厄介に感じることは多々あるのです。そのような大忙しな主婦にはとても頼もしい味方なのです。


ウォーターサーバーの事故

ウォーターサーバーで多い事故は、残念なことに、お子様のいる家で発生することが多いのです。熱湯による事故もあります。冷水でも、子供が触ってしまい、床が水浸しなんて話も聞きます。それを防止するために、チャイルドロックがあるのですが、それでも起きてしまう事はあるようです。果たしてチャイルドロック意外に事故を無くす策は無いのでしょうか。


卓上サーバーが安全

そこでオススメしたいのが、卓上サーバー。ウォーターサーバーには、背の高いタイプの、卓上における背の低いタイプがあります。背の高いタイプだと、どうしても床に置くので子供の手が届いてしまう高さにコックが来てしまいます。一方卓上タイプは、その名の通り、卓上に置くため、子供の手が届きづらいのです。手が届かなければ事故は怒りませんよね。加えて、卓上に置けるので、場所をとることもありません。

安全なウォーターサーバーを見つける為に…宅配水の選び方

ウォーターサーバーでお水を選ぶ

ウォーターサーバーでお水を選ぶならば、目的を明確にしましょう。健康、美容、赤ちゃん用なのか。それによってベストな水は変わってきます。目的が明確になったら、該当するお水の方から「費用の安さ」や「期待できる効果の大きさ」などを基準にして選ぶ事ができます。


健康や美容に天然水

健康や美容の為にお水を選ぶ場合、天然水を高く評価する事が多いようです。その理由は豊富なミネラル分です。ミネラル分はサプリメントになるくらい体に有用な働きをする成分で生体において調整機能を果たすものが多く存在します。しかし、吸収率からいってより自然な形で摂取する事が望ましいとされています。それで注目されるのが天然水です。毎日飲料水から微量ずつ摂取する方法は効果的で理想的なのです。最近では、バナジウムがインスリン様の働きをする事で注目されており生活習慣病予防で取り入れる方が増えています。ダイエットにも硬水の天然水が太りにくい体を作ると言われているようです。


ウォーターサーバーの赤ちゃんに適したお水とは

赤ちゃん用のお水は、負担の少ない軟水が適していると言われています。軟水であれば天然水であっても問題はありません。また、RO膜水などのような高度濾過水は純水でありミネラル分を一切含まない為、赤ちゃんに適している上、安価であり人気のお水です。ウォーターサーバーでお水を選ぶ際には参考にしてみて下さい。

ウォーターサーバーならワンウェイシステム

近年、利用者が増えているウォーターサーバー。利用者が増えている理由には、強くなる健康志向や、震災など様々です。その中の一つとして、ウォーターサーバーの進化も含まれます。ここでは、ウォーターサーバーのウォーターボトルの進化についてご紹介しましょう。

昔のウォーターサーバー

ウォーターサーバーのウォーターボトルと言ったら、大きくて、回収してもらうタイプをみなさん想像するでしょう。使用後に回収まで保存しておかなくてはならないことが、とてもネックだったと思います。公共施設のような広いスペースを確保できる場所ならいいですが、一般家庭では邪魔で仕方ありませんよね。

ワンウェイシステムのウォーターサーバー

そんな不便さ、今は一切ないのです。ワンウェイシステムというものがあります。これは、回収不要のシステムです。使用したウォーターボトルは各自で破棄が出来るのです。ワンウェイシステムのウォーターボトルは、水を利用すると、真空状態を保つ為潰れていきます。ですので、破棄する際、小さくなっているので簡単に捨てることが出来ます。また、ボトルを真空状態にすることで、水が空気に触れることなく、雑菌の繁殖を抑えます。このシステムによって、最後まで、安心して、安全な水を飲むことができます。このように、ニーズに合わせてウォーターサーバーは進化しているのです。これによって、ウォーターサーバーが普及したと言えるでしょう。

ウォーターサーバーのメンテナンスについて

ウォーターサーバーに掛かる費用は大きく分けると、お水代、レンタル代、配達費、メンテナンス代、電気代です。配達代とレンタル代は殆どのメーカーが無料でサービス展開しています。お水が用途や嗜好に合わせて選ぶお水によって値段が変わってきます。


メンテナンス代は事前確認を

メンテナンス代が発生するのは、契約してから約1年~2年後のことなので、事前確認を怠りがちなポイントでもあります。メンテナンス代は平均的に一年に5000円程度と考えておけばいいでしょう。しかし、メンテナンスが有料だという事を忘れてしまうといきなり引き落としが高くなったと驚いてしまう方も多いので注意しましょう。


ウォーターサーバーの構造にも目を向ける

また、メーカーによってはメンテナンス代が発生しないところもあります。単に無料でサービスを行うとするメーカーもありますが、ウォーターサーバー自体の構造的にメンテナンスを必要としないメーカーもあります。セルフメンテナンスで十分に衛生状態を保つことが可能な場合もありますのでメンテナンス代も惜しいと考える方には良いかもしれません。また、メンテナンス代と合わせて確認頂きたいのがウォーターサーバーの構造です。ボトルやパックの接続口がお手入れしやすい、また外からの誇りや汚れが内部に入りにくいシステムになっているか確認しましょう。

ウォーターサーバーのレンタル料金をチェック

人間の体の大部分は水分でできていますが、それゆえに健康維持のためには、品質の良い水を飲むことが大切です。水道水もとても便利な存在ですが、消毒用の塩素など体には有害な物質も含まれていますので、微量であっても、そのまま飲むのには抵抗を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

便利なウォーターサーバー

美味しい水を手軽に楽しむならウォーターサーバーもとても便利な存在です。
ウォーターサーバーはオフィスなどでは以前から普及していましたが、最近は家庭用の商品の人気も高まっており、よりコンパクトなタイプ、スリムなタイプも登場しています。
ウォーターサーバーを設置しておけば、いつでも美味しい冷水が楽しめるのはもちろん、温水も出せますので、お茶やコーヒー、赤ちゃんのミルク作りをするのにもとても便利です。
そして、水は自宅まで宅配で届けてくれますので、重い水を運ぶ手間がないのもうれしいところです。

レンタル料金

ウォーターサーバーは購入ではなく、レンタルで提供されますので、初期費用も安く始めることができますが、ウォーターサーバーのレンタル料が無料というところもあれば、レンタル料金が発生する業者もありますので、それぞれの業者の特徴をしっかり理解しておきましょう。

ウォーターサーバーはレンタルする

ウォーターサーバーは手軽に美味しくて安心して飲むことができる水を供給するための機器であり、ウォーターサーバーを取り扱う業者からレンタルすることによって使用します。

家庭にまで普及

ウォーターサーバーというとレストランをはじめとした飲食店であったり、企業のオフィスに設置されることが多かったのですが、最近では家庭でも使用する人が増えています。そのため、オフィスやレストランで使用するものよりも小型のものが便利であり人気となっています。なぜならば小型であることからスペースが限られていても設置することができるからです。また、最近ではさまざまな家族構成の家に対応したウォーターサーバーもレンタルすることができます。すなわち一人暮らし用のサイズのものであったり、体が不自由な人でも取り扱いしやすいように設計されているウォーターサーバーもあります。さまざまなウォーターサーバーを取り扱う業者がある中で、ひとつの業者を選ぶこととなりますが、その際の比較ポイントとしてはサーバーのレンタル料金がいくらであるかということや、実際に使用している水がどのようなものかということになります。つまり成分を調整した水か、天然水であるかということです。

ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーは、いつでも冷水とお湯を給水することが出来ますが、その際に電源は差しっ放しで利用します。となると、どの程度の電気代が必要なのでしょうか?

月額1,000円程度の料金が必要

ウォーターサーバーによる違い、使用方法や頻度により一概に電気代は差がありますが、一般的なウォーターサーバーを利用した場合、月に1,000円弱の費用が発生します。
この1,000円という金額を高いと感じるのか、安いと感じるのかは人により違うと思いますが、電気ポットと同じぐらいであることを考慮すると安いと感じるのではないでしょうか。電気ポットはお湯を沸かすだけですが、ウォーターサーバーは冷水も使用できるからです。また、冷蔵庫は1ヶ月に2,000円程度電気代がかかりますので、ウォーターサーバーの2倍電気代がかかっているということになります。ですので、冷蔵庫でミネラルウォーターを冷やすよりも、ウォーターサーバーで冷水を利用する方が経済的です。

なお、なかには月の電気代が1,00円程度といった業者もあるようですが、その分水の設定料金が非常に高いようです。

ウォーターサーバーにかかるトータルの費用

ウォーターサーバーを利用する場合は、サーバーの設置・レンタル・メンテナンス料、そして注文するお水の代金、宅配料、違約金等がかかってきます。こういった費用がどの程度かかるのかは、各業者によって違いがあります。

サーバーにかかる費用

ウォーターサーバーのレンタル料金は無料の業者が半数以上は存在します。有料の場合は、だいたい月額千円前後の料金が掛かります。メンテナンス料金に関してはほとんどの業者が無料のため、あまり気にする必要はないかもしれませんが、メンテナンスがある業者とない業者が存在するので、その点はよく確認しておくべきです。設置費用はほとんどの業者が無料です。

水と宅配にかかる料金

ウォーターサーバー自体にはお金がかからないパターンが多いですが、お水の料金はどの業者でも必ず必要です。その料金設定は業者によりますが、1ℓ当たり50~80円前後が相場です。宅配料金は、北海道や沖縄、その他離島以外はほとんどの業者が無料です。逆に先で述べた地域は配送自体が無理な場合が多くなっています。そもそも、お住まいの地域が宅配可能かどうか一番最初に確認しておいた方が良いでしょう。

ウォーターサーバーを安い費用で利用する為に

ウォーターサーバーの人気の理由

ウォーターサーバーというのは巷でとても人気となっています。
なぜ人気なのかと言いますと、やはり手軽に美味しいお水を手に入れる事ができるからです。
ウォーターサーバーが今ほど主流になる前は、美味しい水が飲みたいという時にはスーパーなどでミネラルウォーターを購入するというのが殆どでした。
しかし、お水というのは飲む機会が多いですし、人によってはお料理の際にもミネラルウォーターを利用しますので、すぐに無くなってしまう事があります。
その度に購入しに行くというのはとても大変なものです。
そんな時でもウォーターサーバーを利用すれば、自宅までお水を配送してもらう事ができますので、ミネラルウォーターなどをわざわざ買いに行く必要が無くなるのです。
そんな便利なウォーターサーバーを利用する時には、なるべく費用は安い方が嬉しいものです。
やはり安い方が気軽に利用する事ができますし、継続しても家計の負担になり辛いです。

安い費用で利用する

安く利用したいという時にはウォーターサーバーの比較をしっかりと行う事が大切になります。
それぞれのウォーターサーバーによってレンタル料や設置費用などが異なっていますので、比較を行い安いウォーターサーバーを見付け出す必要があります。
また、比較の際にはランキングサイトや比較サイトも役立ってくれます。